信越・北陸でおすすめのカードローン

銀行カードローンについて - 信越・北陸でおすすめのカードローン

銀行カードローンについて

ローンとは、お金を貸すという意味の英語から転じた言葉であり、銀行では融資する際の商品の事を指し「ローン」と呼んでいます。住宅の購入に充てるものを住宅ローン、車の購入などではマイカーローンが充てられますが、中でも特に使い道を定めずに融資を受ける商品が「銀行カードローン」とされています。使い道は人それぞれですが、交際費や娯楽費など、自由度の高い使い道で借り入れをする人が多いようです。

突然の弔慶事でまとまったお金が必要という時など、借り入れしなければならない時に相手が銀行だというだけで安心できます。このためか、10万円以下の小額な融資を受けるなどの利用が一般的なようです。

このように、お金を預けるイメージのある銀行ですが、実は金融業者のように銀行でもお金を借りる事もサービスとして行われているのです。では、銀行から融資を受けるのと、金融業者からの借金するのとではどのように違うのでしょうか。

まず、銀行という事で法律的に「銀行法」が適用されます。金融業者からの借金では「貸金業法」に基づき金利や借用上限が決められています。銀行法では貸金業法で定められている、借用上限がありません。 いわゆる「総量規制」というものであり、合計金額が「年収の3分の1」を超えないように定められています。このため、もしまとまったお金が必要な際、自分の収入がある程度無ければ借り入れができなくなってしまいます。 銀行カードローンでは、総量規制が適用されないので、この点の心配なく必要な額を借り入れる事ができます。

また、銀行カードローンでは、返済期日が厳しかったり、借りるための審査が厳しかったりといった事がありますが、その分金利が低く設定されている事が多いのも特徴です。上限金利が年14.5%程に設定されている事が一般的で、これが消費者金融では3.5%程高くなります。 審査が厳しいという点がデメリットですが、無理なく返済ができる能力があるのか見てもらえるという事で安心感があるとも考えられるでしょう。

top